Categories
Academic Writing Creative Writing Genki Hase

志賀直哉『小僧の神様』の構成がどのように物語の立体性を確立させているか

志賀直哉による『小僧の神様』は、秤屋の小僧「仙吉」と貴族院議員「A」のそれぞれの視点を交互に描くことで、この物語という叙述行為に立体感を持たせている小説だ。本論は、このような特徴的な構成がどのように物語に奥行きを与えているのか一つの読みを示そうとするものである。